back

ドメーヌ セリーヌ シャルドネ・エヴェンスタッド リザーヴ 2020

アメリカ, オレゴン州

このシャルドネは、2016年に、ワイン・スペクテーターの「トップ100ワイン・オブ・ザ・イヤー」で世界第2位に選ばれています。                                                                          

またドメーヌ・セリーヌはオレゴン州で初めて白ワイン専用のワイナリーを作り、このワインはダンディ・ヒルズにある自社畑のブドウを用い醸されたワインを樽ごとに厳選しブレンドする技術の高さを表しています。そして、ディジョンクローンのブドウ、ジョリー(火山性)土壌、標高の高い場所にあるダンディ・ヒルズの自社畑という、素晴らしい組み合わせが、このワインに比類のない品質の果実を与えてくれているのです。エヴェンスタッド・リザーヴがドメーヌセリーヌのシャルドネのフラッグシップです。

生産国 アメリカ
地方 オレゴン州
産地・AVA ダンディ・ヒルズ
ワイナリー ドメーヌ セリーヌ
ヴィンテージ 2020
ぶどうの品種 シャルドネ100%
¥14,300  (税込み)

このシャルドネは、2016年に、ワイン・スペクテーターの「トップ100ワイン・オブ・ザ・イヤー」で世界第2位に選ばれています。                                                                          

またドメーヌ・セリーヌはオレゴン州で初めて白ワイン専用のワイナリーを作り、このワインはダンディ・ヒルズにある自社畑のブドウを用い醸されたワインを樽ごとに厳選しブレンドする技術の高さを表しています。そして、ディジョンクローンのブドウ、ジョリー(火山性)土壌、標高の高い場所にあるダンディ・ヒルズの自社畑という、素晴らしい組み合わせが、このワインに比類のない品質の果実を与えてくれているのです。エヴェンスタッド・リザーヴがドメーヌセリーヌのシャルドネのフラッグシップです。

生産国 アメリカ
地方 オレゴン州
産地・AVA ダンディ・ヒルズ
ワイナリー ドメーヌ セリーヌ
ヴィンテージ 2020
ぶどうの品種 シャルドネ100%
データ
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 13.3%
商品コード 2022420
UPC 6-89192-37297-5
ワインデータシート (PDF) PDFデータシート
楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

このシャルドネは、キウイ、パイナップル、ハイビスカス、そしてほのかに潮風を感じさせるトロピカルな香りが特徴的です。これらの魅力的な香りは、中盤に向かって、余韻のあるミネラル、凝縮したウエイトと塩味に出会い、見事なバランスを保っています。このワインは、ブレンドに含まれる各ヴィンヤードの最高の特徴を示した魅惑的なブレンドに仕上がっています。

生産情報

ヴィンテージノート

評価の高い2020年ヴィンテージは、魅力的なブレンドに使われる各ヴィンヤードの最高の状態を完璧に表現しています。温暖な生育期間が果実の複雑味とダイナミックさ奥深さ、豊かさを引き出しました。熟したオレンジと桃の魅力的なメドレーがメロディーとなり、柑橘類の花の高い香りがあります。オークは見事に溶け込み、あふれ出すミネラルと塩味がシンフォニーを奏でます。このワインは、上質なシャルドネを愛する舌の肥えたコレクターのセラーに、間違いなくふさわしいでしょう。

醸造

熟成:フレンチオーク樽 100%で14ヶ月

ワイナリー

ワイナリー情報

ドメーヌ・セリーヌはオレゴン州の有名な葡萄栽培地ダンディヒルズの丘にある自社畑で丹精込めて栽培した葡萄で麗しのピノ・ノワールとシャルドネをつくっています。畑の管理と醸造法は複雑味を持ち、凝縮してエレガントなピノノワールとシャルドネを毎年つくり出すよう全ての資財はこの目標に集約されています。凝縮したフレーバーを得る為、非常に収穫量を抑えた栽培方法(全ての品種の平均収穫量を30hl/ha)を実施しています。全ての葡萄は手で収穫し厳しい選別が行なわれます。各畑の小区画のロットは別々に小さな開放型の醗酵槽で醗酵させ、フランスの産地の異なる厳選されたオーク樽で熟成をさせます。最初から最後の行程までワインはポンプを一切使わないでグラヴィティフローで移動させ、人の手による介入は最小限に抑えています。ピノノワールは14 - 18ヶ月樽で熟成させ、清澄も濾過もしないで瓶詰め時に澱引きを行います。ディジョン・クローンの自社畑のシャルドネはフランス産の小樽で醗酵し、シュル・リーで10 - 15ヶ月熟成させます。全てのワインは瓶詰後1年以上瓶熟をさせてから出荷します。

2020年オレゴン・ワインプレス・パーソンオブザイヤーの記事はこちら

ドメーヌセリーヌVSロマネコンティ・ブラインドテイスティングの記事はこちら