back

ジェイ クリストファー ピノ ノワール ルミエール イオラ アミティ ヒルズ キュヴェ 2018

アメリカ, オレゴン州

ルミエールはイオラ・アミティ・ヒルズのアペラシオンの特徴である、しっかりとしたストラクチャーを持つピノノワールを樽ごとに特別にセレクションしたワインです。

J.クリストファーは、オレゴン州ウィラメット・ヴァレー北部のシュヘイラム・マウンテンズAVAに位置し、オールドワールドの伝統的な手法を用いてピノノワールを生産しているワイナリーです。著名なドイツ・モーゼルのワイン生産者であるアーネスト・”アーニー”・ローゼン(Dr. Loosenエステートのオーナー)が所有するこのワイナリーでは、自社畑であるアパッショナータ・ヴィンヤードをはじめ、ウィラメット・ヴァレーの長年にわたる協力関係にある優れたヴィンヤードからのブドウを使用し、小ロットで手作りのワインを生産しています。J.クリストファーの哲学は、焦点、長さ、バランスを重視したオールドワールドスタイルのテロワール主導型ワインを生産することです。

生産国 アメリカ
地方 オレゴン州
産地・AVA イオラ アミティ
ワイナリー ジェイ クリストファー
ヴィンテージ 2018
ぶどうの品種 ピノノワール100%
¥6,270  (税込み)

ルミエールはイオラ・アミティ・ヒルズのアペラシオンの特徴である、しっかりとしたストラクチャーを持つピノノワールを樽ごとに特別にセレクションしたワインです。

J.クリストファーは、オレゴン州ウィラメット・ヴァレー北部のシュヘイラム・マウンテンズAVAに位置し、オールドワールドの伝統的な手法を用いてピノノワールを生産しているワイナリーです。著名なドイツ・モーゼルのワイン生産者であるアーネスト・”アーニー”・ローゼン(Dr. Loosenエステートのオーナー)が所有するこのワイナリーでは、自社畑であるアパッショナータ・ヴィンヤードをはじめ、ウィラメット・ヴァレーの長年にわたる協力関係にある優れたヴィンヤードからのブドウを使用し、小ロットで手作りのワインを生産しています。J.クリストファーの哲学は、焦点、長さ、バランスを重視したオールドワールドスタイルのテロワール主導型ワインを生産することです。

生産国 アメリカ
地方 オレゴン州
産地・AVA イオラ アミティ
ワイナリー ジェイ クリストファー
ヴィンテージ 2018
ぶどうの品種 ピノノワール100%
データ
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 13.5%
商品コード 2096418
UPC 1-83103-00063-1
ワインデータシート (PDF) PDFデータシート
楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

イオラ・アミティ・ヒルズAVAは、ワイナリーの南西約24㎞に位置し、海岸山脈の割れ目、西側から冷たい海風が吹き込み、夏の終わりの午後には気温が急激に下がります。これにより、果実にしっかりとした酸味を保つことが可能となります。2018年のルミエールは、2つの畑(イオラ・ヒルズの中心部にあるビエズと、AVAの北側ウォルナット・ヒル・エリアにあるエン・ゲダイ)の厳選された樽をブレンドしています。

生産情報

テロワール

畑:ビーズ、エン・ゲダ
土壌タイプ:火山性土壌(ジョリー、リトナー、ネカイア)
 

ヴィンテージノート

2018年も非常に暖かく乾燥した年で、記録上8番目に暑い年でした。しかし、過去2年ほどの暑さはなく、極端な気温の急上昇もありませんでした。そのため、暑さのストレスがかなり少なく、バランスのとれた生育期となりました。2017年同様、9月には涼しい気候と少しの浄化作用のある雨が降り、フレッシュな酸を残しつつも、成熟のスピードを緩めることができました。ワインは、リッチで濃密でありながら過熟ではない果実味が特徴で、ジューシーな酸味と繊細で熟したタンニンに支えられています。

ブドウ栽培

畑:サステイナブル栽培
平均収穫量:2.5トン/エーカー
クローン:ポマール
樹齢:15年から20年

醸造

100%除梗、野生酵母、自然なマロラクティック発酵、18か月樽熟成 (新樽25%)、清澄・ろ過なし

ワイナリー

ワイナリー情報

J. クリストファーは、ドイツのドクター・ローゼンで国際的に高い評価を得ているワインメーカー、エルンスト・" アーニ" ・ローゼンによって運営されています。アーニは生涯を通じてピノ・ノワールに情熱を注ぎ、1990年代初頭、ここオレゴンのウィラメット・ヴァレーに何か特別なものがあることに気付きました。彼は、オレゴンのピノ・ノワールの熱心なコレクターとなり、頻繁にオレゴンを訪れ、2003年にはアメリカでの輸入会社を設立しました。
アーニは、J.クリストファーのワインに特に惹かれていました。このワインは、オールドワールドスタイルで造られ、フィネスとテロワールの明確な表現、そして優れた熟成能力を備えたニューワールドワインであると彼は見抜いたのです。すぐにコラボレーションが始まり、厳選されたブレンドの上級ピノを、アーニはベートーヴェンのピアノソナタにちなんでアパッショナータと名付けました。数年後、アーニはオレゴン州ニューバーグにあるシュヘイラム・マウンテンの16ヘクタールの土地を購入し、アパッショナータ・ヴィンヤードとし、ワイナリーを建設、今日もアパッショナータとJ. クリストファー・ワインを生産しています。