back

ヌーヴェル・ルナ・ピノノワール ダンディ ヒルズ 2019

アメリカ, オレゴン州

ジェイ・サマーズは1996年 J.クリストファーを設立し長年ワインメーカーを務めましたが、2019年に辞して以来この個人プロジェクトにすべてを捧げています。現在はウィラメットヴァレー、ダンディ・ヒルズで数十年来の付き合いのある畑のピノ・ノワールでワインを造り続け、今後は生産量の上限を以前よりもかなり少ない1,500ケース程度にしたいと言っています。

ジェイ・サマーズの2019年のワインはエネルギーとバランス感が非常に印象的です。彼のワインが常にそうであるように、このワインも優雅に熟成する事に期待が持てます。

ヌーヴェル・ルナ(新月)は、ダンディ・ヒルズAVAのピノ・ノワールの中でも特に気に入っている区画のブドウをブレンドしました。アビー・リッジ、ベラ・ヴィダ、ラ・コリーナの畑と協力し、この類まれでエレガントなテロワール主導のピノ・ノワールを造り出しています。

生産国 アメリカ
地方 オレゴン州
産地・AVA ダンディ・ヒルズ
ワイナリー J.C. サマーズ
ヴィンテージ 2019
ぶどうの品種 Pinot Noir 100%
¥6,710  (税込み)

ジェイ・サマーズは1996年 J.クリストファーを設立し長年ワインメーカーを務めましたが、2019年に辞して以来この個人プロジェクトにすべてを捧げています。現在はウィラメットヴァレー、ダンディ・ヒルズで数十年来の付き合いのある畑のピノ・ノワールでワインを造り続け、今後は生産量の上限を以前よりもかなり少ない1,500ケース程度にしたいと言っています。

ジェイ・サマーズの2019年のワインはエネルギーとバランス感が非常に印象的です。彼のワインが常にそうであるように、このワインも優雅に熟成する事に期待が持てます。

ヌーヴェル・ルナ(新月)は、ダンディ・ヒルズAVAのピノ・ノワールの中でも特に気に入っている区画のブドウをブレンドしました。アビー・リッジ、ベラ・ヴィダ、ラ・コリーナの畑と協力し、この類まれでエレガントなテロワール主導のピノ・ノワールを造り出しています。

生産国 アメリカ
地方 オレゴン州
産地・AVA ダンディ・ヒルズ
ワイナリー J.C. サマーズ
ヴィンテージ 2019
ぶどうの品種 Pinot Noir 100%
データ
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 13.0%
商品コード 2106119
UPC なし
ワインデータシート (PDF) PDFデータシート
楽しみ方と保管方法

ティスティング・ノート

深いガーネット色。チェリー、ブルーベリー、ポプリ、コーラの力強い香りに、スパイシーなニュアンスが加わり、明るくなる。肉付きがよく、重量感のある味わいは、魅力的な甘いブルーフルーツ、チェリー、ラベンダーのキャンディの様なフレーバーがあり、後半になるほど生き生きとした味わいになっていきます。 花やさくらんぼの香りと呼応するきめ細かいタンニンがしっかりと長く爽やかなフィニッシュへ導きます。

生産情報

テロワール

ワインと畑

J.Cサマーズ・ヴィントナーはウィラメット・ヴァレーとその周辺のサステイナブル栽培の素晴らしい畑のブドウからワインをつくっています。よく言われるように、ワインは畑で造られますが、これは真実です。私は30年以上かけて、素晴らしい品質のワインを一貫して生産している特別な場所を探しだしました。

アビー・リッジ・ヴィンヤード

私はアデルスハイムで働いていた1993年とキャメロン・ワイナリーにいた1994年にアビー・リッジのブドウを使う事が出来ました。そして2001年、幸運にも私自身がアビー・リッジのピノ・ノワールを分けてもらう事が出来、それ以来このブドウでワインを造っています。アビー・リッジは私たちのピノ・ノワール・プログラムの礎であり、ウィラメット・ヴァレーで最高のピノ・ノワールの地であると信じています。私の友人であるビルとジュリア・ウェインが所有するこの畑は、ダンディ・ヒルズAVAが持つエレガンスの原型を表しています。1haのコーリークローン・ピノノワール


ベラ・ヴィーダ・ヴィンヤード

ベラ・ヴィーダ・ヴィンヤードはダンディ・ヒルズにあるもう一つの特別な畑です。オーナーのスティーヴ・ホワイトサイドによって細心の注意を払って手入れされているこの畑は、私のお気に入りの1つです。 2001年にまだ樹齢の低いこの畑からワインを造り始めましたが、年月を経て着実に成熟し、ダンディ・ヒルズAVAを力強く表現する畑となりました。それぞれ0.2haのポマール、ヴェーデンスヴィル、ディジョン777のクローン


ラ・コリーナ・ヴィンヤード

ラ・コリーナ・ヴィンヤードは、私がいつも「秘密の入手先」と呼んでいる畑です。私が以前、ダンディ・ヒルズのピノ・ノワールをブレンドしたワインを造っていた時には毎年、単一畑の "ラ・コリーナ・ピノ・ノワール "を造るために選んだ樽をブレンドのために犠牲にしていました。このブドウがワインのブレンドをポジティブに高めてくれるブドウだったので、そうせざるを得なかったのです。この畑はダンディ・ヒルズの典型的な場所で、私の友人であるジョージ・ヒルベリーが管理しています。この新しいプロジェクトを始めた時、幸運にもジョージは小さなブロックを残してくれており、私の他のダンディ・ヒルズ・ピノ・ノワールのワインを見事に補完してくれました。0.4haのポマール・クローン

ワイナリー

ワイナリー情報

J.C. サマーズは、ジェイ・クリストファー・サマーズと彼の長年のパートナーで妻のロンダ・ニューウェル・サマーズとのコラボレーションです。ラベルには、彼らのワイン造りの冒険における新たな段階を意味する新月が描かれています。

オーナーであり生粋のオレゴニアンであるジェイ・サマーズは、30年以上ウィラメット・ヴァレーでワインを造り、1996年にJ.Christopherブランドを立ち上げました。彼の師匠であるキャメロン・ワイナリーのジョン・ポールやアデルスハイム、ニュージーランドのドライリバー等、偉大なワインメーカーの元でワイン造りの経験を積んだジェイ・サマーズのワインは小ロットで手造りされ、ウィラメットヴァレーの最高の畑のブドウのみを使用します。J.C. サマーズの哲学は、旧世界のスタイル(焦点、長さ、バランスを重視)ワインを造ることです。ジェイは言います「私たちはフルーツボム(果実爆弾)を造らない。果実味、酸、テクスチャーが絶妙なバランスのワインを造りたい。口中で中盤に広がる爆発的な味わいを超える、完成されたワインを造りたい。それには急がず、ワインが自然に育つようにすることが重要だ。ワインが自分たちのペースで発展するためには、人間の介入は最小限にとどめなければならない。」彼は、旧世界のワインからインスピレーションを得て、それをウィラメット・ヴァレーのテロワールに適用しているのです。ジェイはワイン造りが忙しくないときは、ギターを弾いたり、自身のバンド「Portland Cement」の新しい曲を作ったりしています。彼らの新しいアルバム「The Road to El Groove」も、是非チェックしてみてください。

リーフレットはこちらから