back

デリール セラーズ D2 2019

アメリカ, ワシントン州

D2は、ボルドーの歴史的なシャトー地域を通る[偉大なワイン街道]にちなんで名付けられました。D2は、メルロ・ベースで造る、伝統的なボルドースタイルのブレンドで、シエル・デュ・シュヴァル、グランシエル、クリプソンなどの銘醸畑を含むコロンビア・ヴァレーにある15以上の高品質な畑から、ワシントン州のテロワールの全てを表現するワインを生産しています。シャルール・エステートのセカンドとして1992年に初めて作られたD2は、ワイナリーで最も人気のあるレーベルです。
テイスティング・ノート
2019年は香りが、旨みとドライフルーツのふたつの違う特徴の間を滑らに踊り抜けます。ナツメグ、バニラビーンズ、ダークチョコレート、クローブなどの深く豊かな樽由来のキャラクターがクランベリー、ローストしたコーヒー豆、カシス、焦がしたオレンジの特徴を引き立てています。グラスの中でワインが膨らむにつれて、果実の特徴が赤から黒いフルーツに変化していきますが、これこそが私たちが愛するD2のトレードマークです。口に含むと、魅力的なフレッシュさと際立ったハーブの風味が、ワインの若さにもかかわらず洗練されたストラクチャーへと導きます。15年以上の熟成が可能。

生産国 アメリカ
地方 ワシントン州
産地・AVA コロンビア・ヴァレー
ワイナリー デリール・セラーズ
ヴィンテージ 2019
ぶどうの品種 60% Merlot, 34% Cabernet Sauvignon, 4% Cabernet Franc, 2% Petit Verdot
¥9,130  (税込み)

D2は、ボルドーの歴史的なシャトー地域を通る[偉大なワイン街道]にちなんで名付けられました。D2は、メルロ・ベースで造る、伝統的なボルドースタイルのブレンドで、シエル・デュ・シュヴァル、グランシエル、クリプソンなどの銘醸畑を含むコロンビア・ヴァレーにある15以上の高品質な畑から、ワシントン州のテロワールの全てを表現するワインを生産しています。シャルール・エステートのセカンドとして1992年に初めて作られたD2は、ワイナリーで最も人気のあるレーベルです。
テイスティング・ノート
2019年は香りが、旨みとドライフルーツのふたつの違う特徴の間を滑らに踊り抜けます。ナツメグ、バニラビーンズ、ダークチョコレート、クローブなどの深く豊かな樽由来のキャラクターがクランベリー、ローストしたコーヒー豆、カシス、焦がしたオレンジの特徴を引き立てています。グラスの中でワインが膨らむにつれて、果実の特徴が赤から黒いフルーツに変化していきますが、これこそが私たちが愛するD2のトレードマークです。口に含むと、魅力的なフレッシュさと際立ったハーブの風味が、ワインの若さにもかかわらず洗練されたストラクチャーへと導きます。15年以上の熟成が可能。

生産国 アメリカ
地方 ワシントン州
産地・AVA コロンビア・ヴァレー
ワイナリー デリール・セラーズ
ヴィンテージ 2019
ぶどうの品種 60% Merlot, 34% Cabernet Sauvignon, 4% Cabernet Franc, 2% Petit Verdot
データ
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 14.3%
商品コード 1209319
UPC 7-99419-02012-8
ワインデータシート (PDF) PDFデータシート
ワイナリー

ワイナリー情報

ワシントン州のボルドー・スタイルワインのパイオニアが1992年創業のデリール・セラーズです。ワイン・アドヴォケイトやワイン・スペクテーターなどの主要なワイン誌でこれまでに700以上のワインが90点以上の評価を受け、長きにわたりその品質と卓越性の伝統を守ってきました。またロバート・パーカー氏はこのワイナリーに5つ星を与え「ワシントン州のラフィット・ロートシルト」と称しています。レッド・マウンテンAVAを中心にワシントン州を代表するグランクリュ畑のパワフルで凝縮した果実をヨーロッパのブレンド技術を用いて巧に表現することに情熱を注ぎ、洗練された赤ワインのみならず、95年から樽発酵を採用し作り続けている複雑で長熟可能な素晴らしいボルドーブレンドの白ワインの作り手としても有名です。