back

パースード バイ ベア ベア カブ レッドワイン 2018

アメリカ, ワシントン州

ハリウッド俳優カイル・マクラクランが2005年から造り続けたPursued by Bear。初期のブレンドに立ち戻り造ったのが2016年初リリースのベア・カブです。カベルネソーヴィニヨン主体でほんの少しのシラーが口中で引き立ちます。若い時期でもハツラツした果実感で飲みやすく、またしっかりとした骨格により美しく熟成もします。 

2018年は、熟したベリーとバニラビーンズの香りが魅力的な、若々しく活気のあるワインです。リッチで深い味わいで、ワイルドラズベリー、ブラックカラント、ダークストーンフルーツの果実味をダークココアが引き締めます。これは、パースード・ バイ・ベア・カベルネの兄弟であり明るく快活なワインで、フレッシュな果実味を持ちながら、時間の経過とともに美しく熟成する十分なストラクチャーを備えています。

ホース・ヘブン・ヒルズ、ワルーク・スロープ、ワラワラ・ヴァレーなど6つの畑から収穫されたブドウが、このワインに重層的な複雑さを与えました。手摘みで収穫したカベルネソーヴィニヨンとメルロをしっかりと良いもののみ選別し、優しく発酵。タイトグレインのフレンチオーク樽が溶け込むまで熟成させ、果実とオークをゆっくりと一体化させました。ここに600Lのタランソーのパンチョンで熟成させたシラーをほんの少し加えることで、中盤の味わいに豊かさと深みを与えています。

生産国 アメリカ
地方 ワシントン州
産地・AVA コロンビア・ヴァレー
ワイナリー パースード バイ ベア
ヴィンテージ 2018
ぶどうの品種 78% Cabernet Sauvignon, 21% Merlot, 1% Syrah    
¥6,160  (税込み)

ハリウッド俳優カイル・マクラクランが2005年から造り続けたPursued by Bear。初期のブレンドに立ち戻り造ったのが2016年初リリースのベア・カブです。カベルネソーヴィニヨン主体でほんの少しのシラーが口中で引き立ちます。若い時期でもハツラツした果実感で飲みやすく、またしっかりとした骨格により美しく熟成もします。 

2018年は、熟したベリーとバニラビーンズの香りが魅力的な、若々しく活気のあるワインです。リッチで深い味わいで、ワイルドラズベリー、ブラックカラント、ダークストーンフルーツの果実味をダークココアが引き締めます。これは、パースード・ バイ・ベア・カベルネの兄弟であり明るく快活なワインで、フレッシュな果実味を持ちながら、時間の経過とともに美しく熟成する十分なストラクチャーを備えています。

ホース・ヘブン・ヒルズ、ワルーク・スロープ、ワラワラ・ヴァレーなど6つの畑から収穫されたブドウが、このワインに重層的な複雑さを与えました。手摘みで収穫したカベルネソーヴィニヨンとメルロをしっかりと良いもののみ選別し、優しく発酵。タイトグレインのフレンチオーク樽が溶け込むまで熟成させ、果実とオークをゆっくりと一体化させました。ここに600Lのタランソーのパンチョンで熟成させたシラーをほんの少し加えることで、中盤の味わいに豊かさと深みを与えています。

生産国 アメリカ
地方 ワシントン州
産地・AVA コロンビア・ヴァレー
ワイナリー パースード バイ ベア
ヴィンテージ 2018
ぶどうの品種 78% Cabernet Sauvignon, 21% Merlot, 1% Syrah    
データ
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 14.2%
商品コード 1111218
UPC None/なし
ワインデータシート (PDF) PDFデータシート
ワイナリー

ワイナリー情報

オーナーであるカイル マクラクランは、1990年に放送されたデヴィッド リンチ原作のテレビ・シリーズ 「ツイン ピークス」のFBIの特別捜査官・デール クーパーの役で幅広い人気を博したワシントン州出身の俳優です。

ワインに強い関心を持っていたマクラクランは、2005年から俳優業と同じ様に自分の情熱を傾けられるもう一つの仕事としてワインづくりを始めました。ワシントン州のワイン生産の中心地、コロンビアヴァレーにあるヤキマ出身のマクラクランは、3種類のコロンビアヴァレー産ワイン パースード  バイ  ベアー カベルネソーヴィニョン、ベイビー ベア― シラー、ブラッシング ベアーロゼを作っており、いずれも高く評価されています。
故郷に対する溢れる愛情と家族のルーツと常につながっていたいという願望は職人的なワインづくリへの情熱と熱意に変わりました。マクラクランはやがてワシントン州ワインのユニークな特性やフレーバーのプロフィールの素晴らしさの提唱者で伝道者となり、パースード   バイ  ベアーのワインでもあらゆる面に携わっています。


マクラクランは演技とワインづくりはプロセス、忍耐と創造性の三つをバランス良く組み合わせるという点で強い関連性があるとみています。
自分のワインに脚本のト書きで最も有名なシェークスピアの冬物語の第三幕、第三場の”exit, pursued by bear, (熊に追われて退場)”に敬意を表してPursued by Bear(パースード   バイ  ベアー)と名付けました。このト書きは面白く予想外のフレーズですが彼が舞台出身であることを示しているだけでなく、彼のユーモア・センスがそこはかとなく感じられます。「そのフレーズは自分がやってみようとしていたことにピッタリのようだった」と言っています。