back

ケン ライト セラーズ ピノ ノワール ウィラメット ヴァレー 2020

アメリカ, オレゴン州
ベストセラー

ケン・ライト・セラーズ ウィラメット・ヴァレーのピノ・ノワールは、世界的に有名なシングル・ヴィンヤードのピノ・ノワールのそれぞれの畑を熟考してブレンドしたものです。アロマは火山性土壌の特徴を表し、顕著なアメリカンチェリーとマリオン・ベリーの印象的な深みを持っています。2020年はモクレン、バラ、砂糖漬けの赤い果実などのフローラルな香りに、シナモンやクローブなどの優しい香りが加わります。フレーバーは、たっぷりとしたさくらんぼ、ラズベリー、プラムの香りに、バニラクリームのほのかな香りが渦巻きます。このワインは、滑らかな質感のタンニンが口中全体を纏い、透明感のある活き活きとしたフィニッシュです。

ラベルについて

他のシングルヴィンヤードと同じく地元の芸術家David Berkvam(ディヴィッド・バークヴァン)の作品でウィラメット・ヴァレーに生息する鳥・昆虫・植物が描かれています。

12時方向から時計周りに
◇Anna’s Hummingbird アンナハチドリ
◇Oregon Iris オレゴンアイリス
◇Honey Bee ミツバチ
◇Red Breasted Nuthatch 胸赤ゴジュウカラ
◇Ox-Eye Daisy with Two-striped grasshopper フランス菊と二つ縞バッタ
◇Spotted Tohee 星脇赤トウヒ鳥
◇Camas with Milkweed Bug カマシアとミルクウィードバグ
◇Cedar Waxwing 姫レンジャク
◇Oregon Sunshine flower with Viceroy butterfly and bumble bee オレゴン・サンシャインフラワーとカバイロイチモンジとマルハナバチ

生産国 アメリカ
地方 オレゴン州
産地・AVA ウィラメット・ヴァレー
ワイナリー ケン ライト セラーズ
ヴィンテージ 2020
ぶどうの品種 100% Pinot Noir
¥5,060  (税込み)

ケン・ライト・セラーズ ウィラメット・ヴァレーのピノ・ノワールは、世界的に有名なシングル・ヴィンヤードのピノ・ノワールのそれぞれの畑を熟考してブレンドしたものです。アロマは火山性土壌の特徴を表し、顕著なアメリカンチェリーとマリオン・ベリーの印象的な深みを持っています。2020年はモクレン、バラ、砂糖漬けの赤い果実などのフローラルな香りに、シナモンやクローブなどの優しい香りが加わります。フレーバーは、たっぷりとしたさくらんぼ、ラズベリー、プラムの香りに、バニラクリームのほのかな香りが渦巻きます。このワインは、滑らかな質感のタンニンが口中全体を纏い、透明感のある活き活きとしたフィニッシュです。

ラベルについて

他のシングルヴィンヤードと同じく地元の芸術家David Berkvam(ディヴィッド・バークヴァン)の作品でウィラメット・ヴァレーに生息する鳥・昆虫・植物が描かれています。

12時方向から時計周りに
◇Anna’s Hummingbird アンナハチドリ
◇Oregon Iris オレゴンアイリス
◇Honey Bee ミツバチ
◇Red Breasted Nuthatch 胸赤ゴジュウカラ
◇Ox-Eye Daisy with Two-striped grasshopper フランス菊と二つ縞バッタ
◇Spotted Tohee 星脇赤トウヒ鳥
◇Camas with Milkweed Bug カマシアとミルクウィードバグ
◇Cedar Waxwing 姫レンジャク
◇Oregon Sunshine flower with Viceroy butterfly and bumble bee オレゴン・サンシャインフラワーとカバイロイチモンジとマルハナバチ

生産国 アメリカ
地方 オレゴン州
産地・AVA ウィラメット・ヴァレー
ワイナリー ケン ライト セラーズ
ヴィンテージ 2020
ぶどうの品種 100% Pinot Noir
データ
人工コルク
容量 750ml
アルコール度数 13.2%
商品コード 2076620
UPC 6-41919-00048-6
ワインデータシート (PDF) PDFデータシート
ワイナリー

ワイナリー情報

ケン・ライトは2015年にオレゴンで初めてワインスペクテーターの表紙に取り上げられ、オレゴン・ピノノワール業界におけるその功績と地元での慈善活動が9ページにわたり紹介されました。シングルヴィンヤード・ワインを得意とし、40年にわたり世界中で彼のワインは称賛され続けています。ピノ・ノワールという品種は私たちの知るどの食べ物とも飲み物とも異なり、私たちと「畑・大地」を結びつける素晴らしい力を持っています。それはまるで真っ白なキャンバスのようにブドウがそれぞれの土地の香りやフレーバーを吸収し表現するとケンは語ります。ウィラメットヴァレーAVAは全て同じではなく、サブAVAを制定し、細分化の必要性を最初に説いたのもケンでした。ケン・ライトがいなければ、今日のオレゴン・ピノノワールがここまで特殊性を持つこともなかったでしょう。ケンはピノノワールの個性と土壌の関係性も明確にしており、海洋性堆積物土壌のピノはフローラルでスパイスにフォーカス、火山性堆積物の土壌ではより果実味に富んだワインに仕上がる傾向にあると述べています。

ワインスペクテーター特集記事はこちらから⇒  特集