back

レコール No. 41 エステート ファーガソン ヴィンヤード 2018

アメリカ, ワシントン州

2011年の初ヴィンテージ以来、ファーガソンはレコール No 41の傑出したボルドー・ブレンドとなり、ワラワラの優れた単一畑ワインに対する評価をさらに高めています。ファーガソンは、マイクロクライメイトと地質学において、非常にユニークなこの地のテロワールを表現しています。

火山性玄武岩の土壌の影響を受けるファーガソンは、ミネラルを含んだブラックベリー、表情豊かなスミレ、ブラックプラム、白檀などの複雑なアロマを持つ、豊かなストラクチャーを持つワインです。果実とエスプレッソの層はタンニンによって縁取られ、黒鉛と砕いた岩石の風味に口中で融合します。綿密でしっかりとした骨格。ファーガソンの際立ったナチュラルな酸味が、サテンのようしなやかでしっかりとしたフィニッシュへと続きます。

生産国 アメリカ
地方 ワシントン州
産地・AVA ワラ・ワラ・ヴァレー
ワイナリー レコール No. 41
ヴィンテージ 2018
ぶどうの品種 55% Cabernet Sauvignon, 24% Merlot, 11% Cabernet Franc, 5% Malbec, 5% Petit Verdot
¥10,670  (税込み)

2011年の初ヴィンテージ以来、ファーガソンはレコール No 41の傑出したボルドー・ブレンドとなり、ワラワラの優れた単一畑ワインに対する評価をさらに高めています。ファーガソンは、マイクロクライメイトと地質学において、非常にユニークなこの地のテロワールを表現しています。

火山性玄武岩の土壌の影響を受けるファーガソンは、ミネラルを含んだブラックベリー、表情豊かなスミレ、ブラックプラム、白檀などの複雑なアロマを持つ、豊かなストラクチャーを持つワインです。果実とエスプレッソの層はタンニンによって縁取られ、黒鉛と砕いた岩石の風味に口中で融合します。綿密でしっかりとした骨格。ファーガソンの際立ったナチュラルな酸味が、サテンのようしなやかでしっかりとしたフィニッシュへと続きます。

生産国 アメリカ
地方 ワシントン州
産地・AVA ワラ・ワラ・ヴァレー
ワイナリー レコール No. 41
ヴィンテージ 2018
ぶどうの品種 55% Cabernet Sauvignon, 24% Merlot, 11% Cabernet Franc, 5% Malbec, 5% Petit Verdot
データ
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 14.5%
商品コード 1419518
UPC 7-21354-20131-7
ワインデータシート (PDF) PDFデータシート
ワイナリー

ワイナリー情報

レコールNo41とはフランス語で41番地の学校という意味を持ちます。ラベルに描かれているのは歴史的価値の高い当時の学校で、この地がフランス系カナダ人が多く住むフレンチタウンだった事からその名を付けました。創業当時からこの学校がそのままワイナリーになっています。レコールNo41はワラワラ地区で3代続く3番目に古いワイナリーでワシントン州で最も評価が高く有名な手造りワイナリーの一つです。世界でも非常に多くの受賞をしており、ワインエンスージアスト誌で世界のTOPワイナリー100に15回選出、また2014年にはエステート・ファーガソンが世界のボルドー・ブレンドとして優勝しました。最近では2021/22度のワイン業界で最も影響を与える人々のひとりにオーナーのマーティ・クラブが選出されました。この賞は、マーティのリーダーシップ、革新性、着想力、そして米国のワイン文化に与えたポジティブな影響力を評価したものです。レコールはワシントン州の歴史の深い偉大なブドウ畑と長期にわたり良好な関係を築く一方で、ワラワラで最も古いセブンヒルズ・ヴィンヤードへ継続的に投資しその質を国際的なものに向上し続けるワイナリーとしても名声を得ています。

Marty MIP 2022

ワイン業界で最も影響を与える人々のひとりにオーナーのマーティ・クラブが選出されました。