ホースパワー ヴィンヤーズ

ストーリー

ワシントン州のカルトワイン”ホースパワー”。
ホースパワー・ヴィンヤーズはシャンパーニュ出身の天才クリストフ・バロンがカユースの後に手掛ける希少ワイン。畑は完全に馬の力のみで耕しています。クリストフのチームは伝統と歴史を表現し ー そして今もその歴史を刻んでいます。このワインはクリストフと彼のルーツとの繋がり。そして伝統的な技法と家族へのオマージュです。 地球のように、古きも新しきもすべてを受け入れる。 それがホースパワー ヴィンヤーズ。

ヴィニュロンのクリストフ バロンは2002年に初めてワシントン州のワラ ワラ ヴァレーでビオディナミ農法を始めました。ホースパワーは除草剤、化学肥料、殺虫剤や殺菌剤を一切使わないで5頭の農耕馬と共に0.9m X 0.9mのスペースの狭さでフランス語で"sur echalas"と呼ばれる一本の杭に葡萄樹を一本縛り付けた株仕立ての葡萄畑を耕作しています。数百年続くシャンパン・ハウス バロン アルベールの長男として生まれ、クリストフの一家は1677年からフランスのザ マルヌ ヴァレーで土地を耕してきました。1957年まで葡萄畑の耕作のすべてを馬がしてきました。ホースパワーはこの伝統、今ではほとんど失ってしまった職人気質のシンプルさとその目的に回帰することを表しています。それはニューワールドに根付いたオールドワールドの窓であると言えます。三つの畑のどこかで、来る日も来る日も聞こえてくる唯一の音はホースパワーの石ころだらけの畑を耕し、守り続けている伝統の蹄の響きです。

 

▶リーフレットはこちら

 

 

生産者
概要
ウェブサイト horsepowervineyards.com
ワインメーカー クリストフ・バロン
生産国 アメリカ
地方 ワシントン州
産地・AVA ワラ・ワラ・ヴァレー

商品一覧

表示形式