J.C. サマーズ

ストーリー

J.C. サマーズは、ジェイ・クリストファー・サマーズと彼の長年のパートナーで妻のロンダ・ニューウェル・サマーズとのコラボレーションです。ラベルには、彼らのワイン造りの冒険における新たな段階を意味する新月が描かれています。

オーナーであり生粋のオレゴニアンであるジェイ・サマーズは、30年以上ウィラメット・ヴァレーでワインを造り、1996年にJ.Christopherブランドを立ち上げました。彼の師匠であるキャメロン・ワイナリーのジョン・ポールやアデルスハイム、ニュージーランドのドライリバー等、偉大なワインメーカーの元でワイン造りの経験を積んだジェイ・サマーズのワインは小ロットで手造りされ、ウィラメットヴァレーの最高の畑のブドウのみを使用します。J.C. サマーズの哲学は、旧世界のスタイル(焦点、長さ、バランスを重視)ワインを造ることです。ジェイは言います「私たちはフルーツボム(果実爆弾)を造らない。果実味、酸、テクスチャーが絶妙なバランスのワインを造りたい。口中で中盤に広がる爆発的な味わいを超える、完成されたワインを造りたい。それには急がず、ワインが自然に育つようにすることが重要だ。ワインが自分たちのペースで発展するためには、人間の介入は最小限にとどめなければならない。」彼は、旧世界のワインからインスピレーションを得て、それをウィラメット・ヴァレーのテロワールに適用しているのです。ジェイはワイン造りが忙しくないときは、ギターを弾いたり、自身のバンド「Portland Cement」の新しい曲を作ったりしています。彼らの新しいアルバム「The Road to El Groove」も、是非チェックしてみてください。

リーフレットはこちらから