チャールズ スミス ワインズ

ストーリー

Charles Smithのワールドワインの舞台での展開はまさに驚くべきものでした。オーナー兼ワインメーカーのCharles SmithはWalla Wallaに移り住んで、僅かな資金でK Vintnersをスタートする前は11年間ヨーロッパでロックンロール・バンドのマネージャーをしていました。Charlesのワインは彼のロックンロールのルーツにある興奮を放出していますが、真摯な品質と価値観がワインづくりの基盤となっています。Charlesは異なったラベルのいくつかのブランドをつくっています:Charles Smith Winesはほとんどが買ったその日に飲まれるようにつくられており、飲み易い、手頃な価格、高品質の三拍子揃っています。CharlesはまたオリジナルのK Vintnersのラベルでアメリカで最も興味をかき立て高い評価を得ているSyrahをつくっています。K Vintnersのワインは違いの分かるコニサーにアピールするよう極少量つくられています。過去10年間でCharles Smith WinesとK Vintnersのワインはアメリカを代表するWine Advocate、Wine SpectatorとWine Enthusiastで95点以上を66アイテム、90点以上を300アイテム以上獲得しています。

ラベルデザイン

Charles Smith Winesの各ボトルのラベルはジーンズメーカーのLevi'sのデザイナーとしても世界的に知られるデンマーク出身のデザイナーのRikke Korff(リッキー・コフ)氏。Charles Smithとは長年の友人で彼がつくるワインのラベルのボトルデザインを手掛けてきました。

Rikke Korff 氏 資料

 

このワイナリーからのワイン

View as