Domaine Rouge-Bleu

ストーリー

Domaine Rouge-BleuはGrenache, Carignan, SyrahとMourvédreが植えられている8ヘクタールの畑に囲まれた400年続くドメーヌです。オーナーのThomas Bertrand (ヴィンヤード・マネージャー)とCaroline Jones (ワインメーカー)は人的介入を最小限し、化学添加物を一切使わないでテロワールを反映した少量生産のワインをつくる為ビオディナミで栽培しています。大半は古い葡萄樹で、最も古い区画は1910年に植えられました。灌漑は一切しないので葡萄樹は水分やミネラルを求めて根を土中深く張り、旱魃にも強く、南仏の長く暑い乾燥した夏でも元気に育っていきます。ビオディナミ農法は葡萄畑の地表と土中環境の共生関係をサポートする為昆虫の数は増え、野草や木々は繁茂していきます。ワインは全てこの土地に特有のアロマを持つよう自然なエコシステムで繁殖した土着のイーストで醗酵させています。ワイナリーでは除梗をしないで破砕して醗酵し、複雑味、ストラクチャーと熟成能力を高めるようにしています。ポンプオーバーはフィネスにフォーカスして抽出し過ぎたり、機械を使ったりしないで最小限にしています。細心の注意を払ったワイン醸造と伝統に則った葡萄栽培によって古い葡萄樹はファインワインのもっとも大事な面:テロワールを十分に表現するようになります。

生産者
Jean-Marc and Kristin Espinasse
Jean-Marc and Kristin Espinasse
概要
ウェブサイト www.rouge-bleu.com/en/
住所 Cairanne
ワインメーカー Jean-Marc Espinasse
生産国 フランス
地方 ローヌヴァレー
アペラシオン コート デュ ローヌ, ヴァン・ド・ペイ・ ド・メディテラネ
Vineyard Map
Cairanne

このワイナリーからのワイン

View as