アントニー・バルトン ボルドー・ルージュ 2016

アントニー・バルトン ボルドー・ルージュ

¥1,980

フランスのボルドー、サンジュリアン村にあるシャトー ランゴア バルトンとシャトー レオヴィル バルトンの8代目オーナーであるアントニー バルトン氏が、ボルドー ACの典型的な特徴を具えたブドウを厳選してつくり上げたエレガントでしっかりとしたストラクチャーの赤ワインです。 

このワインについて


生産国 フランス
地方 ボルドー
アペラシオン ボルドー
ワイナリー Chateaux Langoa & Léoville Barton
ヴィンテージ 2016
ぶどうの品種 60% Merlot, 30% Cabernet Sauvignon, 10% Cabernet Franc
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 13%
商品コード 3019116

楽しみ方と保管方法


ペアリング

肉料理、焼き野菜やトマトベースの料理と相性が良い。

ワイナリー


ワイナリー情報

18haのLangoaと50haのLéovilleの土壌は粘土質の下層土を持った砂利質で、最高の品質を得る古樹が高い比率を占めています。葡萄品種は両シャトー共にCabernet Sauvignonを主体にMerlotとCabernet Francを栽培していますが、醸造法は全く変わりません。ワインは共に非常にバランスのとれたSaint-Julienの典型で、洗練されたブーケとフレーバーを具えています;エレガントさとフィネスをパワーや抽出よりも重視して葡萄が完全に熟した状態で収穫し、醗酵を30/32℃の温度にコントロールして行ない、過度の抽出を避ける為に適切な時点で果汁を果皮から離すようにします。Château LangoaとLéoville Bartonは魅力的な深い色、素晴らしいストラクチャーと十分なタンニンを持った長期熟成型のワインです。現代的な醸造法によって以前よりも若い段階で楽しむことができるようになりましたが、

偉大なヴィンテージのワインは25年から30年以上かけて熟成します。その為軽いヴィンテージのワインを適正な時点で飲む方が偉大なヴィンテージのワインを成熟期に達する前に飲むよりもずっと楽しむことができます。
Lady LangoaはChâteau LangoaとLéoville Bartonふたつのシャトーのセカンド・ラベルです。その名前は1821年にChâteau Langoaを購入したHugh Bartonの娘、Susanに因んで付けられました。

 

Booklet

このワインのレビューを書く