レコール No. 41 ぺリジー セブン ヒルズ ヴィンヤード 2017

レコール No. 41 ぺリジー セブン ヒルズ ヴィンヤード

¥7,800

Perigeeとは月が地球に一番近づく近地点の意味で、このワインは1993年からSeven Hills Vineyardの最も古い優れた区画の葡萄でつくっているL'Ecole No 41のフラッグシップ・ワインである。

 

2017年のペリジーは、この畑の特徴である高貴さで枠組みされたエレガンスに包まれた中から杉と色香を放っています。深いルビー色をしており、ブラックラズベリー、熟したブラックベリー、杉の複雑なアロマと魅力的なハーブのフレーバーを持ち、口に含むとカカオ、濃い果実、大地のニュアンス、そして魅力的なミネラルに支えられています。このフル・フレーバーでバランスの取れたワインは、寛大なフィニッシュによって完成します。

このワインについて


生産国 アメリカ
地方 ワシントン州
アペラシオン ワラ・ワラ・ヴァレー
ワイナリー L'Ecole No. 41
ヴィンテージ 2017
ぶどうの品種 50% Cabernet Sauvignon, 21% Merlot, 11% Cabernet Franc, 9% Petit Verdot, 9% Malbec
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 14.5%
商品コード 1419417
UPC 7-21354-20041-9

楽しみ方と保管方法


ペアリング

焼肉、シチューや子羊と相性が良い。

ワイナリー


ワイナリー情報

Walla Walla Valleyで3番目に設立された家族経営のL’Ecole No 41は1983年設立以来手づくりのプレミアム・ヴァラエタル・ワインのリーダー役を担っています。Walla Wallaの町の西にある歴史的なフレンチタウンに1915年に建てられた古い校舎をワイナリーとしています。L’Ecole No 41はフランス語で「区域番号41の学校」という意味で、この地域に最初に移り住んだフランス系カナダ人の当時の葡萄栽培の労苦に敬意を払いワイナリー名をL’Ecole No 41としました。L’Ecole No 41はWashington州で最も知られ高く評価されたワイナリーのひとつでWine & Spirits Magazineで13年間連続でWinery of The Yearに選ばれています;そして2014年には権威あるDecanter World Wine AwardsのRed Bordeaux Varietals over £15部門でEstate Ferguson 2011が最高賞であるInternational Trophyを受賞しました。L’Ecole No 41はアメリカのMerlotとSemillonのトップ・プロデューサーとして最も知られているワイナリーのひとつです。

このワインのレビューを書く