レコール No. 41 セミヨン 2018

レコール No. 41 セミヨン

¥2,700

突出した土壌を持つワシントン州東部で作られたこのワインほど豊満で複雑味を持つセミヨンは少ない。
生育期間中と収穫時の、冷涼な夜が自然のしっかりとした酸味と、表現力豊かな芳香を約束しこのワインと食事との相性を素晴らしいものにする。

鮮やかな果実感とバランスよい酸味の、爽やかなセミヨン。可愛らしい柑橘類の花の香り、スイカズラ、メロン、りんご、スパイス、そしてレモンの皮の香りが層となり、みずみずしく長いフィニッシュへ誘う。

このワインについて


生産国 アメリカ
地方 ワシントン州
アペラシオン コロンビア・ヴァレー
ワイナリー L'Ecole No. 41
ヴィンテージ 2018
ぶどうの品種 85% Semillon, 15% Sauvignon Blanc
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 14.5%
商品コード 1415118
UPC 7-21354-90001-2

楽しみ方と保管方法


ペアリング

チーズ、海鮮料理や七面鳥と相性が良い。

ワイナリー


ワイナリー情報

Walla Walla Valleyで3番目に設立された家族経営のL’Ecole No 41は1983年設立以来手づくりのプレミアム・ヴァラエタル・ワインのリーダー役を担っています。Walla Wallaの町の西にある歴史的なフレンチタウンに1915年に建てられた古い校舎をワイナリーとしています。L’Ecole No 41はフランス語で「区域番号41の学校」という意味で、この地域に最初に移り住んだフランス系カナダ人の当時の葡萄栽培の労苦に敬意を払いワイナリー名をL’Ecole No 41としました。L’Ecole No 41はWashington州で最も知られ高く評価されたワイナリーのひとつでWine & Spirits Magazineで13年間連続でWinery of The Yearに選ばれています;そして2014年には権威あるDecanter World Wine AwardsのRed Bordeaux Varietals over £15部門でEstate Ferguson 2011が最高賞であるInternational Trophyを受賞しました。L’Ecole No 41はアメリカのMerlotとSemillonのトップ・プロデューサーとして最も知られているワイナリーのひとつです。

このワインのレビューを書く