ワインズ オブ サブスタンス カベルネソーヴィニヨン 2018

ワインズ オブ サブスタンス カベルネソーヴィニヨン

¥2,800

売り切れ

濃い青と黒の色合い。口中で層を成して広がるブラックカラント、ブラックベリー、シーダー・ボックス(杉でできた箱)と砕石のアロマ。素晴らしいバランス、そして永久に続くとさえ思えるリッチで引き締まったフィニッシュ。イエス、アメージング。

このワインについて


生産国 アメリカ
地方 ワシントン州
アペラシオン コロンビア・ヴァレー
ワイナリー Wines of Substance
ヴィンテージ 2018
ぶどうの品種 100% Cabernet Sauvignon
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 14.0%
商品コード 1261118
UPC 1-84745-00300-4

ワイナリー


ワイナリー情報

ワシントン州ワラワラで創業した、ワインメーカーのCharles Smithは、Wine Enthusiast(2014)とFood&Wine(2009)の両方で年間最優秀ワインメーカーを受賞した唯一の人物。彼のワインは、ロバートパーカーのワインアドヴォケート、ワインスペクテイター、ワインエンスージアストなどの主要なワイン出版物から95点以上を141、90ポイント以上を588獲得し、さらに高い評価を受け続けている。

このブランドは、一種類のみアメリカで最もコストパフォーマンスの高いカベルネ・ソーヴィニヨンを作るという確固としたヴィジョンから始まった。
「どうやって作るのか?」
伝統的なワイン造り。自然発酵。樽熟成。そして濾過・清澄なしでの瓶詰め。
つまりは、手作りの超少量生産でのワイン作りの手法をそのまま規模を大きくしたものだ。

ワインは黒ではっきりと伝えている。”これはカベルネ・ソーヴィニヨンだ。” CSのラベルでこのワインの作り手がチャールズ・スミスであるとわかる。
他にも、シングルヴィンヤード、単一表現、ボルドー品種を限定で作っている。そしてロワール・スタイルのシングルヴィンヤードのソーヴィニヨンブランもある。これはチャールズスミスと彼のワインの歴史の最新章だ。

このワインのレビューを書く