シンクライン ワイナリー サブダクション 2018

シンクライン ワイナリー サブダクション

¥4,000

売り切れ

ルビー色。ラズベリー、熟したチェリーとスパイスのアロマ。活気に満ちた酸。ジューシーな口当たり。素晴らしく余韻の長いフィニッシュ。数多くの料理と場面を引き立てる魅力的な赤ワイン。このワインはRhone Valley南部のワインに啓発を受けてつくったWashington州バージョンのCotes-du-Rhone Villagesである。

このワインについて


生産国 アメリカ
地方 ワシントン州
アペラシオン コロンビア・ヴァレー
ワイナリー シンクライン ワイナリー
ヴィンテージ 2018
ぶどうの品種 50% Syrah, 18% Grenache, 12% Mourvèdre, 11% Carignan, 9% Cinsault
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 14.3%
商品コード 1239318
UPC NONE/なし

ワイナリー


ワイナリー情報

syn-cline (‘sin-klin) : 堆積岩のトラフ (地層が褶曲作用によって沈み込んだ地形)。

葡萄畑とワイナリーの真西にほぼ100mにわたって周囲の山々の中にColumbia河から切り立った断崖があります。地元ではCoyote Wall Synclineとして知られているドラマチックなこの地形がワイナリーの名前となりました。まさしくこの地点がColumbia Gorgeの雨のよく降る多雨地域からほとんど降らない半乾燥地域へ変わっていく分岐点となっています。
SynclineはWashington州のColumbia Gorgeにある小さな家族経営のワイナリーです。オーナーでワイン醸造家のPoppieとJames Mantoneは1997年の収穫作業中に出会って互いに見初め合い結婚し、すぐに自分達のワイナリー設立の準備を始めました。そしてColumbia Gorgeに引っ越し、1999年にファースト・ヴィンテージをつくりました。彼等のRhôneワインに対するパッションとWashington州の適した場所で栽培されるRhône品種の将来性に対するヴィジョンがSyrahとGrenacheのワインをつくらせ、さらにMourvèdre、Cinsault、CounoiseとCarignanも植え付けるようになりました。


傑出したワインは偉大な葡萄畑で品種を厳選し、細心の注意を払って栽培された葡萄でつくられます。Synclineは選りすぐりの栽培家グループと一緒に働き、葡萄畑の管理にも親密に携わっています。PoppieとJamesはそのテロワールで品種の特徴を最大限に発揮できるよう新しい台木を取り入れたり、州内で最も岩の多い地区である冷涼なColumbiaGorge AVAで葡萄畑を拓く等 Washington州の葡萄栽培の限界に挑み、切り開いてきました。すべて手で収穫した葡萄は一部全房で主に天然酵母を使って醗酵し、各ロットは足で踏み(Pigeage à pied)、手でパンチ・ダウンやポンプ・オーバーをしています。自社畑の葡萄はすべてビオディナミ農法で栽培し、生産量は葡萄樹(葡萄畑)とオーク(醸造設備)の規模に合わせて6,000ケース以下に抑えています。

このワインのレビューを書く