カユース

クリストフ バロン

クリストフ バロン

数百年続くシャンパン・ハウスBaron Albertの長男に生まれたChristophe Baronのファミリーは1677年からフランスのMarne Valleyで土地を耕してきました。彼は家業を引き継ぐつもりでいましたが、1996年4月の朝Oregon州とWashington州の州境の近くにあるWalla Wallaのソフトボール大の石が散在する野原をつぶさに見て、その計画は頓挫してしまいました。そのテロワールは彼に祖国フランスのRhône Valley南部とChâteauneuf-du-Papeの丸石を思い出させるものでした。Christophe は1997年にその土地を購入し葡萄樹を初めて植付けました。”人は私のことを気が狂っていると言っていた”と彼は思い出す。”だが、最高の出来の葡萄を手にするには葡萄樹が困難な土地で苦闘する必要があることは分っていた。” 彼はその事業を北米族の名前でフランス語の” 石”を意味する" c a i l l o u x "に因んでC a y u s e V i n e y a r d sと名付けました。。
 

生産国

アメリカ

地方

ワシントン州

アペラシオン

ワラ・ワラ・ヴァレー


フォトギャラリー



このワイナリーからのワイン


カイユー シラー
シラー アン シャンベルラン
ゴッド オンリー ノウズ グルナッシュ

Walla Walla ValleyのOregon州側にある大昔Walla Walla Riverの川底であった場所に植樹された葡萄畑。表土は約30~46cmでシルト・ロームと玄武岩の丸石のミック スから成 り 、その下数10mは所々丸石だけの層で、さらにその下には300mまたはそれ以上の厚さの玄武岩の岩盤が横たわっている。この地層は地上最大の玄武岩溶岩流に覆われた地域の一つである

詳細 »
¥21,000
売り切れ
バイオニック フロッグ シラー