Horsepower Vineyards

ヴィニュロンのChristophe Baronは2002年に初めてWashington州のWalla Walla Valleyでビオディナミ農法を始めました。Horsepowerは除草剤、化学肥料、殺虫剤や殺菌剤を一切使わないで二頭の農耕馬'Red'と’Zeppo'を使って0.9m X 0.9mのスペースの狭さでフランス語で"sur echalas"と呼ばれる一本の杭に葡萄樹を一本縛り付けた株仕立ての葡萄畑を耕作しています。数百年続くシャンパン・ハウスBaron Albertの長男として生まれ、Christopheの一家は1677年からフランスのthe Marne Valleyで土地を耕してきました。1957年まで葡萄畑の耕作のすべてを馬がしてきました。Horsepowerはこの伝統、今ではほとんど失ってしまった職人気質のシンプルさとその目的に回帰することを表しています。それはニューワールドに根付いたオールドワールドの窓であると言えます。三つの畑のどこかで、来る日も来る日も聞こえてくる唯一の音はHorsepowerの石ころだらけの畑を耕し、守り続けている伝統の蹄の響きです。

 

Leaflet

ウェブサイト

horsepowervineyards.com/HorsepowerVineyard

ワインメーカー

クリストフ・バロン

生産国

アメリカ

地方

ワシントン州

アペラシオン

The Rocks District of Milton Freewater, ワラ・ワラ・ヴァレー


フォトギャラリー



このワイナリーからのワイン


Syrah The Tribe Vineyard

Horsepower Vineyardsは1677年から続くシャンパン・ハウスBaron Albertの長男として生まれWalla Wallaに移り住んだヴィニュロン、Christophe BaronがCayuse Vineyardsに次いで設立した二つ目のワイナリーである。下記の三つの葡萄畑をWalla Walla Valley内の大昔川床であった丸石に覆われた地区に所有し、全てビオディナミで栽培して農耕馬"Zeppo"(2008年より)と " Red"(2009年より)を使って耕作している。 The Tribe Vineyard (1.2ha, Syrah) Sur Echalas Vineyard (0.8ha, Syrah & Grenache) High Contrast Vineyard (1.3ha, Syrah & Viognier)

詳細 »
¥27,000
売り切れ