ワシントン州

ワシントン州ワインは全米ワイン総生産量の5%を産出しているにすぎません。しかし、毎週、新しいワイナリーが生まれ、価値のある高品質なワインを生み出しています。

ワシントン州のワイン・スタイルはカリフォルニアのものとは全く異なっています。多くのワイン評論家に、ワシントン州のワインはカリフォルニアの高級ワインとボルドーのグラン・ヴァンの両方の特質を兼ね備えているとよく言われます。高級カリフォルニア・ワインのような充分に熟した果実味と、ボルドーのグラン・ヴァンにエレガンスとバランスの良さを与えているフレッシュな酸味の両者を備えているのです。そのためワシントン州ワインは果実味が過剰にならず、食事に理想的なワインとなっています。

ワシントン州は驚くほどすばらしいワインを創りだすための、第一級のブドウを生み出す条件を備えています。ワシントン州の最良のブドウ畑はフランスの著名なワイン産地と同じ北緯45度から47度の間に位置しています。夏の間は、カリフォルニアと同じぐらい気温が上がるうえ、より北にあるためブドウ生育期間中には日照時間が2時間ほど長くなります。ブドウの皮が長時間日照を浴びるため、果実味はさらに増します。また日中は気温が高く上がりますが、夜間には急激に温度が下がり、ブドウ果実を冷やします。この事が果実を過剰な熱から守り、糖分をゆっくり高め、自然な酸を豊富にします。夏の長く暖かな日中と涼しい夜が、ワシントン州ワインの持つ爽やかな酸とすばらしいバランスを生み出しているのです。


ワシントン州 ワイナリー


Charles & Charles

ニューヨークのワイン・インポーターで企業家のチャールズ・ビーラーとコラボレーションしたCharles & Charlesはロゼが最も有名である。 プロバンスのワイングロワーの息子であるビーラーは2010年に活気に満ちた極辛口なロゼをつくらないかとスミスに持ち掛けた。スミスはシラーを栽培している葡萄畑を振り返り、その葡萄は自分のシラーには軽すぎると思った。2008年につくられた初めてのロゼは目を見張らせるものだった。 12ドルのこのワインは長い髪のパートナー2人が手書きのアメリカ国旗の前に立っているラベルで、いきいきとしたテキスチャーを持ち、ザクロとミネラルのフレーバーで90ポイントを獲得した。2011年ヴィンテージのロゼは2012年のトップ100で42位に輝いた ...

詳細を読む »

Charles Smith Wines

Charles Smithのワールドワインの舞台での展開はまさに驚くべきものでした。家族がCalifornia北部でワインづくりをしていたオーナー兼ワインメーカーのCharles SmithはWalla Wallaに移り住んで、僅かな資金でK Vintnersをスタートする前は11年間ヨーロッパでロックンロール・バンドのマネージャーをしていました。Charlesのワインは彼のロックンロールのルーツにある興奮を放出していますが、真摯な品質と価値観がワインづくりの基盤となっています。Charlesは異なったラベルのいくつかのブランドをつくっています:Charles Smith Winesはほとんどが買ったその日に飲まれるようにつくられており、飲み易い、手頃な価格、高品質の三拍子揃ってい ...

詳細を読む »

DeLille Cellars

ロバート・パーカーはDeLille Cellars (デリール・セラーズ)のことを"ワシントン州のラフィット・ロートシルト"と称しました。よくボルドーの1級シャトーと比較されますが、それは、手摘みされた葡萄を厳選し、丹精込めてボルドー・スタイルのエレガントなワインを手づくりしているからです。ワインは全てフランス産の新樽100%で熟成され、フィルターは一切使用していません。ワインメーカーのChris Upchurch (クリス・アップチャーチ)にとって、"完全なワイン"とは芳醇で、バランスのとれたエレガントなワインのことです。彼のゴールはシンプルで、最高のボルドー・スタイルの赤ワインと白ワインをワシントン州で丹精込めてつくることです。その証しと ...

詳細を読む »

Dunham Cellars

スタイルの継続と妥協のない品質へのコミットメントはDunham Cellarsの永遠のテーマです。ワインづくりの背景にある科学的な基礎、最先端の機器と表情豊かな自社畑の特徴を十分に理解しているワインメーカーのDan Wampflerは技術的な精度の高さと創造的な芸術的効果の両方を極めています。Dunham Cellarsのワインは興味をかき立てテロワールを忠実に出すよう絶妙につくられていますが、首尾一貫していて葡萄品種の特徴を正確に表しています。Dunham Cellarsがつくっているワインは全てこのハーモニーを反映しています。Dunhamストーリーはこれからもボトルの中のパッションとラベルのプライドと共に展開していきます。   Leaflet ...

詳細を読む »

Horsepower Vineyards

ヴィニュロンのChristophe Baronは2002年に初めてWashington州のWalla Walla Valleyでビオディナミ農法を始めました。Horsepowerは除草剤、化学肥料、殺虫剤や殺菌剤を一切使わないで二頭の農耕馬'Red'と’Zeppo'を使って0.9m X 0.9mのスペースの狭さでフランス語で"sur echalas"と呼ばれる一本の杭に葡萄樹を一本縛り付けた株仕立ての葡萄畑を耕作しています。数百年続くシャンパン・ハウスBaron Albertの長男として生まれ、Christopheの一家は1677年からフランスのthe Marne Valleyで土地を耕してきました。1957年まで葡萄畑の耕作 ...

詳細を読む »

House Wine

Charles Smithが2004年に設立したThe Magnificent WineCompanyはWashington Hills,Waterbrook等のブランドを所有するPrecept Brandsと数年間共同で醸造とマーケティングをした後、Precept Brandsに売却されました。The Magnificent Wine CompanyはMagnificentな(素晴らしい)ワインをMagnificentな(素晴らしい)価格でお届けすることを目的につくられました。Columbia Valleyの秀逸な葡萄畑の厳選された最高品質の葡萄を用いてはっきりとした複雑味豊かなアロマを持ったWashingtonワインを象徴する赤のHouse Wine(Cabernet Sauv ...

詳細を読む »

K Vintners

Charles Smithのワールドワインの舞台での展開はまさに驚くべきものでした。家族がCalifornia北部でワインづくりをしていたオーナー兼ワインメーカーのCharles SmithはWalla Wallaに移り住んで、僅かな資金でK Vintnersをスタートする前は11年間ヨーロッパでロックンロール・バンドのマネージャーをしていました。Charlesのワインは彼のロックンロールのルーツにある興奮を放出していますが、真摯な品質と価値観がワインづくりの基盤となっています。Charlesは異なったラベルのいくつかのブランドをつくっています:Charles Smith Winesはほとんどが買ったその日に飲まれるようにつくられており、飲み易い、手頃な価格、高品質の三拍子揃ってい ...

詳細を読む »

L'Ecole No. 41

Walla Walla Valleyで3番目に設立された家族経営のL’Ecole No 41は1983年設立以来手づくりのプレミアム・ヴァラエタル・ワインのリーダー役を担っています。Walla Wallaの町の西にある歴史的なフレンチタウンに1915年に建てられた古い校舎をワイナリーとしています。L’Ecole No 41はフランス語で「区域番号41の学校」という意味で、この地域に最初に移り住んだフランス系カナダ人の当時の葡萄栽培の労苦に敬意を払いワイナリー名をL’Ecole No 41としました。L’Ecole No 41はWashington州で最も知られ高く評価されたワイナリーのひとつでWine & Spirits Ma ...

詳細を読む »

Leonetti Cellar

Leonetti CellarはGaryとNancy Figginsによって35年以上前に設立され、現在は二代目のChris Figginsがワイン愛好家の間で熱狂的な信奉者を得ている一切妥協のない最高品質のワインをつくり続けています。Chris Figginsは数十年に亘って世界で最も入手困難なアメリカワインのひとつであるLeonetti Cellarの品質基準をさらに上げ続けながら、Figginsラベルで厳選された少量のロットで新たなワインもつくっています。Figgins Familyは品質と栽培プロセスの最初から最後まで完全にコントロールしており - 口に含むとワインは場所のユニークさと彼等にインスピレーションをもたらした土地の関わりが反映されています。   ...

詳細を読む »

Long Shadows

Long Shadowsは2002年にワシントンワインのヴィジョナリー(先見の明を持った)Allen Shoupによって設立されました。Shoupは1984年から2000年までの間Chateau Ste. Michelleの社長兼CEOを務め、世界的に高名なイタリアのPiero Antinori (Col Solare)とドイツのDr. Loosen (Eroica Riesling)との国際的なワインづくりのパートナーシップを築きました。Long Shadowsはこの成功を礎に世界の主要なワイン産地の偉大なワインメーカーのエリート集団をワシントン州に招き、ワシントン州のColumbia Valleyの葡萄栽培地の素晴らしさを明示するワールドクラスのワインをつくる為に設立されました ...

詳細を読む »

Snoqualmie

ワシントン州のワインカントリーへの入り口となるSnoqualmie峠に因んで名付けられたSnoqualmieのワインはバランスのよさとパシフィック・ノースウエスト(太平洋岸北西部)の自然の美しさを反映しています。Snoqualmieは1983年の設立以来、長期的な土壌の健康と環境保全の為にサステイナブルでオーガニックなワインづくりに取り組んでいます。軽量グラスのボトルを使って二酸化炭素排出減少に寄与し、全てのコルクとラベルはthe Rainforest Alliance(熱帯雨林同盟)とthe Forest Stewardship Council(森林管理協議会)のサステイナブル認証を受けています。ワシントン州のワインづくりのパイオニアJoy Andersenの指揮下、ナチュラル、 ...

詳細を読む »

Wines of Substance

The original thought was to be a one wine brand, with a single minded vision to produce the best value-priced Cabernet Sauvignon in America. How do you go about this? Traditional winemaking. Natural fermentations. Barrel-aging. Plus, bottling unfiltered and unfined. In essence, making the wines in small batch winemaking integrity, but doing so ...

詳細を読む »

Woodward Canyon

オーナー兼ワインメーカーのRick Smallの家族は現在Woodward Canyonの葡萄畑がある場所で3世代に亘り農業を営んできました。彼は1970年代後半この場所に葡萄を植え、1981年にLeonettiに次いでWalla Walla地区で2番目となるワイナリーを設立しました。Rick Smallはこの地に深く根ざし、ワシントン州でワールドクラスのファインワインづくりに生涯を捧げてきた数少ない長老の一人です。Woodward Canyonのワインには彼のワインづくりに対する情熱と厳しさ- 葡萄樹からボトルまですべての段階を自分の目で確かめる - が表われています。葡萄畑でのキャノピーと灌漑のマネジメントからワイナリーでオーク樽材を自分で乾燥させることまで、ワインづくりの各過 ...

詳細を読む »

位置情報