ワラ・ワラ・ヴァレー

  • 葡萄栽培面積:527ha (1,304acres)
  • 主要栽培品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、シラー
  • 土壌:脆い石灰シルトの黄土土壌、崩壊した玄武岩、丸石
  • 年平均降水量:380mm ~ 500mm

以下のワイナリーはワラ・ワラ・ヴァレー産のワインを生産しています。


カユース

数百年続くシャンパン・ハウスBaron Albertの長男に生まれたChristophe Baronのファミリーは1677年からフランスのMarne Valleyで土地を耕してきました。彼は家業を引き継ぐつもりでいましたが、1996年4月の朝Oregon州とWashington州の州境の近くにあるWalla Wallaのソフトボール大の石が散在する野原をつぶさに見て、その計画は頓挫してしまいました。そのテロワールは彼に祖国フランスのRhône Valley南部とChâteauneuf-du-Papeの丸石を思い出させるものでした。Christophe は1997年にその土地を購入し葡萄樹を初めて植付けました。”人は私のことを気が狂っていると言って ...

詳細を読む »

Charles Smith Wines

Charles Smithのワールドワインの舞台での展開はまさに驚くべきものでした。家族がCalifornia北部でワインづくりをしていたオーナー兼ワインメーカーのCharles SmithはWalla Wallaに移り住んで、僅かな資金でK Vintnersをスタートする前は11年間ヨーロッパでロックンロール・バンドのマネージャーをしていました。Charlesのワインは彼のロックンロールのルーツにある興奮を放出していますが、真摯な品質と価値観がワインづくりの基盤となっています。Charlesは異なったラベルのいくつかのブランドをつくっています:Charles Smith Winesはほとんどが買ったその日に飲まれるようにつくられており、飲み易い、手頃な価格、高品質の三拍子揃ってい ...

詳細を読む »

DeLille Cellars

ロバート・パーカーはDeLille Cellars (デリール・セラーズ)のことを"ワシントン州のラフィット・ロートシルト"と称しました。よくボルドーの1級シャトーと比較されますが、それは、手摘みされた葡萄を厳選し、丹精込めてボルドー・スタイルのエレガントなワインを手づくりしているからです。ワインは全てフランス産の新樽100%で熟成され、フィルターは一切使用していません。ワインメーカーのChris Upchurch (クリス・アップチャーチ)にとって、"完全なワイン"とは芳醇で、バランスのとれたエレガントなワインのことです。彼のゴールはシンプルで、最高のボルドー・スタイルの赤ワインと白ワインをワシントン州で丹精込めてつくることです。その証しと ...

詳細を読む »

Dunham Cellars

スタイルの継続と妥協のない品質へのコミットメントはDunham Cellarsの永遠のテーマです。ワインづくりの背景にある科学的な基本知識を持ち、最先端の機器と個性豊かな自社畑の特徴を深く理解しているワインメーカーのRobert Campisiは技術的な精度の高さと創造的な芸術的効果の両方を極めています。Dunham Cellarsのワインは首尾一貫して葡萄品種の特徴を正確に表し、興味をかき立て、テロワールを忠実に出すよう絶妙につくられています。Dunham Cellarsがつくっている全てのワインはこの絶妙なハーモニーが反映されています。ボトルの中のワインに対するパッションとラベルに誇りを持ってDunhamストーリーは引き続き展開していきます。

Horsepower Vineyards

ヴィニュロンのChristophe Baronは2002年に初めてWashington州のWalla Walla Valleyでビオディナミ農法を始めました。Horsepowerは除草剤、化学肥料、殺虫剤や殺菌剤を一切使わないで二頭の農耕馬'Red'と’Zeppo'を使って0.9m X 0.9mのスペースの狭さでフランス語で"sur echalas"と呼ばれる一本の杭に葡萄樹を一本縛り付けた株仕立ての葡萄畑を耕作しています。数百年続くシャンパン・ハウスBaron Albertの長男として生まれ、Christopheの一家は1677年からフランスのthe Marne Valleyで土地を耕してきました。1957年まで葡萄畑の耕作 ...

詳細を読む »

K Vintners

Charles Smithのワールドワインの舞台での展開はまさに驚くべきものでした。家族がCalifornia北部でワインづくりをしていたオーナー兼ワインメーカーのCharles SmithはWalla Wallaに移り住んで、僅かな資金でK Vintnersをスタートする前は11年間ヨーロッパでロックンロール・バンドのマネージャーをしていました。Charlesのワインは彼のロックンロールのルーツにある興奮を放出していますが、真摯な品質と価値観がワインづくりの基盤となっています。Charlesは異なったラベルのいくつかのブランドをつくっています:Charles Smith Winesはほとんどが買ったその日に飲まれるようにつくられており、飲み易い、手頃な価格、高品質の三拍子揃ってい ...

詳細を読む »

L'Ecole No. 41

Walla Walla Valleyで3番目に設立された家族経営のL’Ecole No 41は1983年設立以来手づくりのプレミアム・ヴァラエタル・ワインのリーダー役を担っています。Walla Wallaの町の西にある歴史的なフレンチタウンに1915年に建てられた古い校舎をワイナリーとしています。L’Ecole No 41はフランス語で「区域番号41の学校」という意味で、この地域に最初に移り住んだフランス系カナダ人の当時の葡萄栽培の労苦に敬意を払いワイナリー名をL’Ecole No 41としました。L’Ecole No 41はWashington州で最も知られ高く評価されたワイナリーのひとつでWine & Spirits Ma ...

詳細を読む »

Leonetti Cellar

Leonetti CellarはGaryとNancy Figginsによって35年以上前に設立され、現在は二代目のChris Figginsがワイン愛好家の間で熱狂的な信奉者を得ている一切妥協のない最高品質のワインをつくり続けています。Chris Figginsは数十年に亘って世界で最も入手困難なアメリカワインのひとつであるLeonetti Cellarの品質基準をさらに上げ続けながら、Figginsラベルで厳選された少量のロットで新たなワインもつくっています。Figgins Familyは品質と栽培プロセスの最初から最後まで完全にコントロールしており - 口に含むとワインは場所のユニークさと彼等にインスピレーションをもたらした土地の関わりが反映されています。   ...

詳細を読む »

Long Shadows

Long Shadowsは2002年にワシントンワインのヴィジョナリー(先見の明を持った)Allen Shoupによって設立されました。Shoupは1984年から2000年までの間Chateau Ste. Michelleの社長兼CEOを務め、世界的に高名なイタリアのPiero Antinori (Col Solare)とドイツのDr. Loosen (Eroica Riesling)との国際的なワインづくりのパートナーシップを築きました。Long Shadowsはこの成功を礎に世界の主要なワイン産地の偉大なワインメーカーのエリート集団をワシントン州に招き、ワシントン州のColumbia Valleyの葡萄栽培地の素晴らしさを明示するワールドクラスのワインをつくる為に設立されました ...

詳細を読む »

Woodward Canyon

オーナー兼ワインメーカーのRick Smallの家族は現在Woodward Canyonの葡萄畑がある場所で3世代に亘り農業を営んできました。彼は1970年代後半この場所に葡萄を植え、1981年にLeonettiに次いでWalla Walla地区で2番目となるワイナリーを設立しました。Rick Smallはこの地に深く根ざし、ワシントン州でワールドクラスのファインワインづくりに生涯を捧げてきた数少ない長老の一人です。Woodward Canyonのワインには彼のワインづくりに対する情熱と厳しさ- 葡萄樹からボトルまですべての段階を自分の目で確かめる - が表われています。葡萄畑でのキャノピーと灌漑のマネジメントからワイナリーでオーク樽材を自分で乾燥させることまで、ワインづくりの各過 ...

詳細を読む »