シュナイプスマウンテン

  • ワシントン州で2 番目に古い樹齢40 年以上のカベルネソーヴィニヨンの木がある。
  • ワイン用ブドウ栽培面積 284ha
  • 両スロープとも、岩だらけの土壌であり、標高も同レベルである。
  • レッドマウンテンの次に小さいAVA
  • 主要栽培葡萄品種 : シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ
  • 土壌 : 黄土、ミズーラ洪水による堆積土壌、旧コロンビア河の砂利

以下のワイナリーはシュナイプスマウンテン産のワインを生産しています。


Charles Smith Wines

Charles Smithのワールドワインの舞台での展開はまさに驚くべきものでした。家族がCalifornia北部でワインづくりをしていたオーナー兼ワインメーカーのCharles SmithはWalla Wallaに移り住んで、僅かな資金でK Vintnersをスタートする前は11年間ヨーロッパでロックンロール・バンドのマネージャーをしていました。Charlesのワインは彼のロックンロールのルーツにある興奮を放出していますが、真摯な品質と価値観がワインづくりの基盤となっています。Charlesは異なったラベルのいくつかのブランドをつくっています:Charles Smith Winesはほとんどが買ったその日に飲まれるようにつくられており、飲み易い、手頃な価格、高品質の三拍子揃ってい ...

詳細を読む »

House Wine

Charles Smithが2004年に設立したThe Magnificent WineCompanyはWashington Hills,Waterbrook等のブランドを所有するPrecept Brandsと数年間共同で醸造とマーケティングをした後、Precept Brandsに売却されました。The Magnificent Wine CompanyはMagnificentな(素晴らしい)ワインをMagnificentな(素晴らしい)価格でお届けすることを目的につくられました。Columbia Valleyの秀逸な葡萄畑の厳選された最高品質の葡萄を用いてはっきりとした複雑味豊かなアロマを持ったWashingtonワインを象徴する赤のHouse Wine(Cabernet Sauv ...

詳細を読む »

L'Ecole No. 41

Walla Walla Valleyで3番目に設立された家族経営のL’Ecole No 41は1983年設立以来手づくりのプレミアム・ヴァラエタル・ワインのリーダー役を担っています。Walla Wallaの町の西にある歴史的なフレンチタウンに1915年に建てられた古い校舎をワイナリーとしています。L’Ecole No 41はフランス語で「区域番号41の学校」という意味で、この地域に最初に移り住んだフランス系カナダ人の当時の葡萄栽培の労苦に敬意を払いワイナリー名をL’Ecole No 41としました。L’Ecole No 41はWashington州で最も知られ高く評価されたワイナリーのひとつでWine & Spirits Ma ...

詳細を読む »