ヤキマ・ヴァレー

  • 葡萄栽培面積: 5,443ha (13,452acres)
  • 主要栽培品種:シャルドネ、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、リースリング
  • 土壌:シルトローム、玄武岩
  • 年平均降水量: 200mm

以下のワイナリーはヤキマ・ヴァレー産のワインを生産しています。


Charles Smith Wines

Charles Smithのワールドワインの舞台での展開はまさに驚くべきものでした。家族がCalifornia北部でワインづくりをしていたオーナー兼ワインメーカーのCharles SmithはWalla Wallaに移り住んで、僅かな資金でK Vintnersをスタートする前は11年間ヨーロッパでロックンロール・バンドのマネージャーをしていました。Charlesのワインは彼のロックンロールのルーツにある興奮を放出していますが、真摯な品質と価値観がワインづくりの基盤となっています。Charlesは異なったラベルのいくつかのブランドをつくっています:Charles Smith Winesはほとんどが買ったその日に飲まれるようにつくられており、飲み易い、手頃な価格、高品質の三拍子揃ってい ...

詳細を読む »

DeLille Cellars

ロバート・パーカーはDeLille Cellars (デリール・セラーズ)のことを"ワシントン州のラフィット・ロートシルト"と称しました。よくボルドーの1級シャトーと比較されますが、それは、手摘みされた葡萄を厳選し、丹精込めてボルドー・スタイルのエレガントなワインを手づくりしているからです。ワインは全てフランス産の新樽100%で熟成され、フィルターは一切使用していません。ワインメーカーのChris Upchurch (クリス・アップチャーチ)にとって、"完全なワイン"とは芳醇で、バランスのとれたエレガントなワインのことです。彼のゴールはシンプルで、最高のボルドー・スタイルの赤ワインと白ワインをワシントン州で丹精込めてつくることです。その証しと ...

詳細を読む »

L'Ecole No. 41

Walla Walla Valleyで3番目に設立された家族経営のL’Ecole No 41は1983年設立以来手づくりのプレミアム・ヴァラエタル・ワインのリーダー役を担っています。Walla Wallaの町の西にある歴史的なフレンチタウンに1915年に建てられた古い校舎をワイナリーとしています。L’Ecole No 41はフランス語で「区域番号41の学校」という意味で、この地域に最初に移り住んだフランス系カナダ人の当時の葡萄栽培の労苦に敬意を払いワイナリー名をL’Ecole No 41としました。L’Ecole No 41はWashington州で最も知られ高く評価されたワイナリーのひとつでWine & Spirits Ma ...

詳細を読む »

Long Shadows

Long Shadowsは2002年にワシントンワインのヴィジョナリー(先見の明を持った)Allen Shoupによって設立されました。Shoupは1984年から2000年までの間Chateau Ste. Michelleの社長兼CEOを務め、世界的に高名なイタリアのPiero Antinori (Col Solare)とドイツのDr. Loosen (Eroica Riesling)との国際的なワインづくりのパートナーシップを築きました。Long Shadowsはこの成功を礎に世界の主要なワイン産地の偉大なワインメーカーのエリート集団をワシントン州に招き、ワシントン州のColumbia Valleyの葡萄栽培地の素晴らしさを明示するワールドクラスのワインをつくる為に設立されました ...

詳細を読む »

Sokol Blosser

Sokol Blosserが最初に葡萄樹を植えた1971年はオレゴン州ではまだワイン業界は存在していませんでしたが、今日ではワイナリーの数は450に達し、葡萄畑も7800ヘクタールに増えて世界中どこでもオレゴンワインを楽しむことができるようになりました。Sokol Blosserは家族経営のワイナリーで、オレゴンワイン業界の誕生以来、環境に優しい葡萄栽培とビジネス展開に於いて指導者的役割を担ってきました。Sokol Blosserは環境と健康に配慮し、丘の中腹にある自社畑の特色ある風味を表現したワールドクラスのワインづくりに全力を注いでいます。このワールドクラスの品質へのこだわりと環境重視がSokol Blosserのコア・バリューとなっており、畑ではgreen viticultu ...

詳細を読む »